ぜんまいぷぺぶろぐ

嘔吐の国の姫であり人形

遺書2

どうやったら死ねるのか、方法はいろいろ知っている。

方法はたくさんある。

死にたかったら知ってる方法をやってみると良い。本当に死にたかったら、考える間も無く死んでるはずなんだ。

死に方を色々考えているうちは、本当は死にたくないんだ。

 

私は芯がない。

ぶれている。自分がない。自分を信じていない。自分に対しても斜に構えているから、自分に本気になれない。

だから、真面目に生きることもできないし、本当にきちがいにもなれない。

 

私はたぶん、この先、働かなくても生きていける。親がいる限り。

一日中部屋に引きこもって、たまに病院行って、薬もらって、たまに親と今後の話をする事があっても、調子が良ければ調子が良いことを言って、調子が悪ければ親と言い合いをして、いま調子が悪いと言って、薬飲んで、何日かすれば何事もなかったかのように一日中部屋に引きこもる生活をするだろう。

 

でもたまに人を殺したくなる。

診察室で先生を殴ってみたい。殺してみたい。

いままで出会ってきた人たち全員殺してみたい。

花火大会で楽しそうにしてる人たち全員殺してみたい。

殺す前に自分の顔写真と本名と住所と電話番号全部5chに書いて、殺した写真載せたい。

でもそんな事できない。

頭の中がその事でいっぱいになったとき、いつも警察に行こうと思う。

人を殺したいので逮捕してください?

警察が相手にしてくれなかったら、警察署の中で音が出るだけの火薬の銃を撃って、公務執行妨害で逮捕されよう。

 

近所のリサイクルショップ、遺品整理承りますって書いてあるけど、いくらくらいかかるのかな。

いやお金になって返ってくるのかな?でもごみみたいなものは処分してほしいし。お金いらないし。

自分でやるの面倒くさい。

昔、私が死んだら母は私の部屋で泣くって言ってたから、私の部屋はすっからかんにしてから死にたい。

でもばかみたいに物がある。

遺品整理に頼んでいっぺんに処分できたら一番良いんだけど、親が家にいたら不審に思うだろう。

こつこつ月日をかけて徐々に少なくしていくのが良いのだけれど、時間がかかるのは面倒くさい。

 

なんか段々文章書くのも面倒くさくなってきた。