ぜんまいぷぺぶろぐ

球体関節人形、ぬいぐるみ作り。着物、魔法少女。

函館市民に嫌われてる

朝7時に起きる。

ご飯を食べて洗濯して身支度して、適当に過ごす。

昼ご飯のあと外に出て、歩いて30分ほどの本屋に行く。

帰って来てお茶を飲みながら本を読んだりしていると眠くなってくる。

眠けと戦う。←今ここ

f:id:zenmaipoupee211:20180119152020j:image

 

函館市民になかなかなれないので、病院にも行けない。いろんな手続きが中途半端なので仕事も探してない。

でもわりと充実した日々を送っているんですよ…ものすごくお金がないけど。

散歩してるとやっぱり変なことを考えてしまうけど。

今日は、函館市民全員が私を敵だと思ってると考えていた。

下校途中の小学生軍団が投げた雪玉が私の目の前に落ちて来た時、小学生が「あーあ」と言ったのは、私が気持ち悪いからぶつけてやりたかったのにぶつからなかったので出たため息なのだ!!!と、本気で考えてしまった。

車も、私が信号を渡りたいのに右折してくるし、減速しないでつっこんでくる。

函館市民こわい!!

第一印象で私のことを嫌ってるんだと思う。

と、本気で考えてしまうのです。

誰にも言ってないけど、家族にも嫌われてるとたまに思う。

正月に姉が帰ってくる時、姉を待ってる間中、嫌われてるからやだなーと思って泣きたかった。誰にも言わなかったけど。

でも家族は話せば私を嫌ってないとわかるから、まだいい。毎日その確認を密かにしてるけど。

でも函館市民には、全員に私のこと嫌ってないですよね?なんて聞けないから困る。

私を普通の人だと思ってくれれば良いんですよ、好かれたいわけではない。

ていうか、こういう思考をなくしたい。普通、好きとか普通とか嫌いとかは、頻繁に思う事じゃないと思う。

私は薄汚れててもずるくても悪くても、生きていかなければいけないので、生きて、存在するのが当たり前なので、たまには外へ出てなにかしなければいけない。

そうしたらほかの人間は絶対どこかにいて、私を認識するけど、その人が何を考えてるかなんてわからない。

わからないから、私は、普通にしていなければいけない。

 

ここまで書いてて思ったんだけど、私は自分のことを薄汚れてて、ずるくて、悪いと思ってるのが強いから、自信がなくて、人に嫌われてると思うんだろうなぁ。

そういう事も考えないで生きたいなぁ。

 

f:id:zenmaipoupee211:20180119153240j:image

ベッド横に棚を積み重ねてみたら壁っぽくなったので、秘密基地感でてきた。

市松とわしだけの秘密のスペースじゃ…