ぜんまいぷぺぶろぐ

嘔吐の国の姫であり人形

所有欲

洋服を、21枚処分した。

いま残ってる服は、母が作ってくれたワンピース2枚、セーラーワンピ、ロリィタジャンスカ、ロリィタのブラウス、おがたさんの白シャツとTシャツ、カーディガン、くらい。

あとパジャマや下着、コート2枚。

 

あの日、なんとなく思いついた言葉をGoogleで検索した。

「洋服全部捨てた」と。

それを見て、洋服全部捨てようと思った。

21枚の服を袋に詰めてリサイクルショップに行った。

その帰り道、「生きてていいよ」って言葉が降りてきて、外で歩きながら泣いてしまった。

 

所有欲、おさまってきている。

物を持たなくても良いんだって思ってる。

人からもらったもの、思い出の品などはなるべく持っていたいけど、自分で買ったものはもう、いらない。

コレクションを、しなくて良い。

コレクションは面倒だ。

かわいいものを持ってなくても、かわいいものは世界の色んなところにある。

それを脳に入れて、それでおしまい。

あまりにもそのかわいいものが儚げだったら、買ってしまうけど…

 

手放すことは悪いことではないし、買うことも悪いことではない。

ほどほど、が良いと思う。